伝統的なベビーバックリブのバーベキュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。

Classic Baby Back Ribs




伝統的なベビーバックリブのバーベキュー


焼き上がりまでに3〜4時間かかる本格的なバーベキューリブのレシピですが、同じ手順を繰り返し行う調理法なので、最初の1時間目の繰り返しになります。じっくりと焼き上げるので時間はかかりますが、難しいレシピでは有りません。


準備:30分、グリル:3〜4時間
特殊装置:リブラック、ヒッコリースモークウッド4個


ウェーバー リブラック
リブラックとは、リブを立てグリルにセットできるスタンドで、取り寄せで扱っている国内店舗が有ります。

スモークウッドは細かな木片をプレスして固めたもので、アウトドアショップや通販でも入手可能です。
 スモークウッド ヒッコリー



材 料

擦込みスパイス

コーシャーソルト:大さじ2
パプリカ:大さじ2
ニンニクパウダー:小さじ4
チリパウダー:小さじ4
粗挽き黒コショウ:小さじ2
クミン:小さじ2

ベビーバックリブ:4ラック(各900g)

バーベキューソース

リンゴジュース:3/4カップ
ケチャップ:1/2カップ
リンゴ酢;大さじ3
醤油;小さじ2
ウスターソース:小さじ1
糖蜜:小さじ1
チリパウダー:小さじ1/2
ニンニクパウダー:小さじ1/2
粗挽き黒コショウ:小さじ1/4

モップ

リンゴジュース:1カップ
リンゴ酢:大さじ3
無塩バター:大さじ2
バーベキューソース:大さじ2(上記で作ったもの)

手 順

1)
小鉢の中で擦込み用のスパイスを混ぜ合わせます。

2)
リブの薄い膜を取り除きます。
※薄皮の取り方は⇒こちら

3)
リブの肉側でから多めに擦込み用のスパイスを使用して、全体にスパイスを行き渡らせます。焼き始める30分前に室温に出しておきます。

4)
Even Indirect Heat( グリルパンを使用する )炭を配置し、弱火(120〜150度)のグリルを準備してください。

5)
2つのヒッコリースモークウッドを炭に加え、リブを同じ向きでリブラックにセットし蓋を閉じてリブを1時間グリルします。蓋のベントを使用して120〜150度の温度を維持してください。

6)
小さなソースパンの中で、バーベキューソース材料を混ぜ合わせ、中火で数分煮立たせ2〜3分煮詰めます。

7)
別なソースパンでは中火でバターを溶かし、そこにモップの材料を入れて数分間煮て、火からソースパンを下ろします。

8)
リブをグリルしはじめてから1時間が経過したら、8〜10の新しいブリケットを加え
残りのスモークウッドを加えてください。同時に、軽くモップをリブに塗り、再び蓋を閉じ、更に1時間グリルします。温度管理を同じ様に注意し120〜150度を維持してください。

9)
グリル開始から2時間経過したら、再び上記の手順で新しいブリケットを追加し、今度はラックからリブを取り出してモップを全体に塗ります。モップを塗り終わったら、再びすべて同じ方向にしリブラックに戻してください。

10)
リブを再びグリルし、同じく温度管理を同じ様に注意し120〜150度を維持してください。
焼き上がりは、肉が簡単に骨から剥がれ柔らかく焼き上がっている事で確認できます。
肉が柔らかくない場合は、再びグリルします。ラックで焼き上がりの時間が異なる場合が有ります。

11)
焼き上がったらバーベキューソースをブラシして数分間、直火でグリルしてその後アルミホイルで包み10〜15分間休息をさせます。

12)
ソースを添えて盛り付けます。


動画が有りましたのでご紹介。