薫製パプリカ・ルイユの豚のヒレ肉グリル

このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。

Pork Tenderloins with Smoked Paprika Rouille


薫製パプリカ・ルイユの豚のヒレ肉グリル

フランスのプロヴァンスのソース=ルイユを添えた豚ヒレのグリルです。フレンチと言うと難しそうですが、このレシピは日本でも手に入り易い材料で、調理時間も短いので手軽に作る事が出来ます。

準備:15分、グリル:27〜35分

材 料

ルイユ

赤パプリカ:2個
ニンニク:2〜3片
コーシャルソルト:小さじ3/4
パン粉:1カップ
レモン果汁:大さじ3
パプリカ:小さじ3/4
エキストラバージンオリーブオイル:2/3カップ

豚のヒレ肉:2本(各450g)
エキストラバージンオリーブオイル
コーシャルソルト:小さじ1/2
粗挽き黒コショウ:小さじ1/4

手 順

1)
中火(180〜230度)直火のグリルを準備してください。

2)
パプリカを表面が黒く焦げるまで蓋をして12〜15分グリルします。3〜5分毎に返して全体を焦がします。

3)
ボウルに胡椒を敷いて、焼いたパプリカを入れラップでカバーしてください。
10〜15分したら、表面の焦げた皮とヘタをカットして中の種子を取り除いてください。

4)
フードプロセッサーで、ニンニクを刻んで、そこい焼かれた赤パプリカ、塩、パン粉、レモン果汁を加えフードプロセッサーを回し、そこにゆっくりオリーブオイルを加えてください。滑らかになるまで十分撹拌し、ルイユが濃すぎる場合には、大さじ1杯の水を加えてください。

5)
豚ヒレ肉に軽く塩と胡椒を振り、オイルを均等にブラシし、グリルする15〜30分前に室温に出しておきます。

6)
直接の中火でヒレ肉を蓋をしながら15〜20分グリルし、約5分ごとに返して全体が均等に焼き上がりになるようにします。ヒレ肉の中央が内部の温度が65度で、かろうじてピンクが残る程度にグリルします。

7)
焼き上がったらグリルから豚肉を下し、3〜5分間休息をさせ薄くスライスしルイユと共に盛り付けます。

動画も有りましたのでご紹介