レモンオイルのサヤインゲン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。

Green Beans with Lemon Oil



レモンオイルのサヤインゲン


シンプルでありながら日本ではあまり馴染みの無い味付けのインゲン豆のレシピです。
レモンオイルを冷やす時間が必要ですが、調理自体は10分も有ればできてしまう内容なので、インゲン豆の調理を一工夫したい時に良いレシピです。

準備:20分、冷却時間:30分〜1時間、グリル:5〜7分
調理器具:穴空きグリル・パン

材 料

レモン:1個
エキストラバージンオリーブオイル:1/4カップ
ニンニク:2片(みじん切りにして準備)
赤トウガラシ:小さじ1/4(砕いて準備)
サヤインゲン:450g
ビタミンC:2タブレット(各500mg)
コーシャルソルト

手 順

1)
ピーラーを使用し、レモンの皮を剥き、オリーブオイル、ニンニク、赤トウガラシを小さなソースパンに入れてください。
ソースパンを火にかけ、オイルが暖まるまで弱火で加熱し、オイルが暖まって約2分間じっくりと加熱し火から下ろします。その後、出来上がったレモンオイルを30分から1時間冷まします。

2)
緑サヤインゲンの端を切り落とします。

3)
オイルからレモンの皮とニンニクを取り除きます。

4)
ビタミンCタブレットを砕きパウダー状にします。
※ここではレシピの通りに紹介しますが、酸化防止でインゲンを鮮やかな緑を保つのに使うとの事ですが、無くても良いと思います。

5)
レモンオイルにコーシャルソルト小さじ1/2、ビタミンパウダーを入れて、良く混ぜ合わせボールにインゲン豆を入れて、レモンオイルをかけてオイルが馴染む様に和えます。

6)
中火(180〜230度)直火のグリルを準備し、穴空きグリルパンを予熱しておきます。

7)
グリルパンが暖まったらサヤインゲンを蓋をしながらグリルします。途中何度か返して5〜7分焦げ目が付くまでグリルします。

8)
インゲン豆を盛り付け、塩とレモン果汁で味を整えます。



動画も有りましたのでご紹介