ソミール・ターキーのバーベキューグレービーソース

このエントリーをはてなブックマークに追加




ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。

Brined and Barbecued Turkey with Pan Gravy





ソミール・ターキーのバーベキューグレービーソース




準備時間:30分、ソミール:18時間〜24時間、グリル:2時間30分〜3時間30分
調理器具:大きい氷、ビニール袋、ターキの入る箔鍋3つ、りんごのスモークチップ、温度計、グレービーセパレータ>>グレービー セパレーター4カップ用

クリスマスにはターキーに挑戦したい人もいると思うので、丸々一羽のターキーレシピをご紹介。チキンよりも大きく調理も時間が必要ですが、クリスマスのご馳走にふさわしい料理となるはずです。


材 料

ソミール液

りんごジュース:1.9リットル
コーシャルソルト:1カップ
ローズマリー:大さじ2
タイム:大さじ2
セージ:大さじ1
粗挽き黒コショウ:小さじ1

冷水:2.8リットル

ターキー:1羽(4.5kg〜5.5k)解凍して準備
無塩バター:1/2カップ(溶かして準備)
粗挽き黒コショウ:大さじ1
チキンブイヨン:6カップ
タマネギ:1個(粗みじんにして準備)
ニンジン:2本(粗みじんにして準備)
セロリ:2本(粗みじんにして準備)

グレービー

チキンブイヨン:4カップ
無塩バター:1/4カップ
小麦粉:1/4カップ
白ワイン:1/3カップ
イタリアパセリ:大さじ2
コーシャルソルト
粗挽き黒コショウ

手 順

1)

ソミール液の材料を混ぜ合わせます。レシピでは岩塩(コーシャルソル)を使用していますが、溶かすのが大変かもしれません。

2)

ターキーから内臓や首を取り除きから取り除き、グレービーソース用に手羽先を切り離します。冷水でターキーの中と外を濯いでください。


3)

ビニール袋に胸側を下にしてターキーを入れ、ソミール液を七面鳥に注ぎかけます。

そこに2.8リットルの冷水を入れ完全に浸るようにします。空気をビニール袋から追い出し、18〜24時間冷やしながら保存します。



冷蔵庫に入らない場合はクーラーボックスに氷を入れて冷やしながら保存してください。

4)

スモークチップを30分水に浸します。

5)

炭をRing of Fireに配置し120〜180度のグリルを準備します。中央に油受けとなる箔鍋を置きお湯を張ります。












6)


ターキーを袋から取り出し、中と外を洗いペーパータオルで水分を取り除きます。ソミール液は捨ててください。溶かしたバターを塗りコショウを振りかけます。

7)
箔鍋にタマネギ、ニンジン、セロリを敷いて、切り離した首、臓物、手羽先も入れ、そこにチキンブイヨンを注ぎ、その上にターキーを置きます。












8)
2握りのスモークチップを水を切って炭にくめます。チップから煙が出始めたらグリットをセットしてその上にターキーの入った箔鍋を置き、蓋をしながら1時間グリルします。

9)

1時間経過したら炭を追加します。追加する炭の量はグリルのサイズで異なるので使い方をご確認ください。炭を追加したら約5分蓋を開けたままにし、隅に火が回り始めたらそこにスモークチップを2握り水を切って追加します。ターキーを返してさらに1時間グリルします。

10)
2時間が経過したら、残りのバターをターキーに塗ります。焦げ目が強すぎるようならアルミホイルで包みます。更に炭を追加し焼きあがるまでグリルします。腿の最も肉厚の部分に温度計を差し込み70度になるまでグリルします。










11)
ターキーが焼きあがったらまな板に移動させ、残りの箔鍋を上にかぶせます。隙間が空いていても構いません。そのまま、20分〜30分休ませます。グレービーを作るために、箔鍋の中の肉汁、野菜、首、臓物、手羽先をはそのままにしておきます。

12)
グレービーセパレーターに鍋の中身を移し、固形物は取り全て除きます。4カップの量になるように、チキンブイヨンを注ぎます。

13)

ソースパンを中火で温め、バターを入れて溶かし、小麦粉を入れ、かき混ぜながらピーナッツバターの色になるまで約5分炒めます。そこに、ワイン4カップとセパレーターの肉汁を注ぎます。(この時にセパレーター内の油が入れない様にしてください。)
滑らかになる様にかき混ぜながら一煮立ちさせ、沸騰したら弱火にし好みのとろみになるまで煮詰めます。煮詰まりすぎの場合はチキンブイヨンを追加します。完成したら塩コショウとパセリを追加します。
七面鳥を盛り付け暖かいグレービースースを添えます。