銀ダラのショウガと味噌のバナナの葉包み

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。

Ginger and Miso Black Cod in Banana Leaves




銀ダラのショウガと味噌のバナナの葉包み


和食の様ですが、ココナッツミルクを使用し、バナナの葉で包んで焼くなど、日本人ではちょっと思いつかないレシピですが、読んでいる限りは美味しそうです。また、調理も簡単で、グリルでなくても網焼きでも調理できそうなので、キッチンで夕食にできそうなレシピです。九州沖縄以外にお住まいの人は、バナナの葉の入手が困難な人が多いと思いますが、通販で比較的安く、食器用のバナナの葉の入手が可能です。
バイトーン(バナナの葉)

準備:20分、マリネ:2時間、グリル:8〜10分

材 料

ペースト

白味噌:1/3カップ
ココナツミルク:1/4カップ
ニンニクのみじん切り:小さじ2
グラニュー糖:小さじ2
ショウガの磨り下ろし:小さじ1
銀ダラ:6枚(各170g、皮なし)
バナナの葉:6枚(各30cm角程度のもの)
ワケギ:6本(みじん切りにして準備)
減塩醤油:小さじ11/2
ご飯:4〜6合

手 順

1)
小鉢で、ペースト成分を合わせて、滑らかに混ざるまで良く混ぜ合わせます。

2)
銀ダラ全体にペーストを塗り、ラップでカバーし約2時間冷蔵庫で保存します。

3)
バナナ葉を流水で洗って準備しておきます。

4)
中火(180〜230度)直接のグリルを準備してください。

5)
銀ダラから余分なペーストを取り除き、バナナ葉の中心に置いてください。
その上にワケギを少量散らします。バナナの葉を折り畳み銀ダラを包み楊枝で止めて固定し、バナナの葉の表面を水で濡らします。

6)
バナナの葉の包みをグリルに置いて、8〜10分葉一部が焦げて黒くなるまでグリルします。途中で一度返します。葉に火がついてしまった場合は、間接焼きのスペースに包みを移動させてください。

7)
焼き上がったらお皿に盛りつけます。